阿波池田の郷土料理

山間部の寒冷な気候と急傾斜地のため、昔は米作りが難しかった祖谷地方では、雑穀やソバなど環境に合わせた食文化が継承されてきました。

先人の知恵が生かされた郷土料理の数々は、体にも心にもやさしい味わいです。

そば米雑炊


ソバの実の皮をのぞいた「そば米」と野菜や山菜、鶏肉などを煮た雑炊です。
祖谷地方では米がとれなかったため、平家の落人がソバを米に見立てて都の暮らしをしのんだのが始まりとも言われています。

そば米のプチプチした歯ざわりが楽しめる、体に優しいヘルシーな料理です。

祖谷そば


昼と夜の気温差が激しい祖谷地方は、寒冷地を好むソバの栽培が盛んになりました。
つなぎをほとんど使用しない祖谷そばは太く短めの麺で、プツプツ切れる食感も楽しめます。

祖谷豆腐

祖谷山麓からわき出る水と厳選された大豆で作る祖谷の豆腐は、大豆本来の旨みが詰まった、しっかりした食感。
豆腐に縄をかけ、十字に縛って山道を運んでいたと言われるほど、固くて崩れにくいことから「石(いわ)豆腐」とも呼ばれます。

祖谷の郷土料理「でこまわし」には欠かせません。煮物や冷奴でもおいしくいただけます。

でこまわし


豆腐、ほど芋(小ぶりなジャガイモ)、こんにゃくを竹串に刺し、味噌だれをつけて炭火で焼く田楽です。
回しながら焼くようすが、阿波人形浄瑠璃で使う「木偶(でこ)※人形」に似ていることから、この名がつきました。

ジビエ料理

ジビエとはフランス語で、シカやイノシシなど野生鳥獣の食肉のこと。
にし阿波地域にはジビエの処理施設が3カ所あり、市内の民宿やレストランなどでもジビエ料理が食べられます。

ひらら焼き


「ひらら」と呼ばれる平らな石を火で焼いた上に味噌で土手をつくり、その中にアメゴや豆腐、野菜などを入れて香ばしく焼きます。

河原でのキャンプの時など、バーベキュー感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事