夏の三日間、池田が熱く燃える阿波おどり

阿波踊りとしては徳島県西部で最大規模とも言われている「いけだ阿波おどり」。
8月13日の前夜祭を皮切りに、14日から16日までの三日間にわたり、JR阿波池田駅周辺を主な舞台として、市内約30連の踊り子が乱舞します。しなやかな女踊りと、豪快な男踊りの融合が見どころです。

本番前の8月13日は前夜祭で、例年は三好市観光大使の演歌歌手・北山たけしさんのコンサートや、4つの連による阿波踊りが池田総合体育館で開催されます。連と北山たけしさんの総踊りによるフィナーレは大盛況です。

14日からの本番では、JR阿波池田駅横のへそっこ公園と栄町通り・大通り・駅前通りの各会場で、日替わりで約30連が参加して総踊りが披露されます。
腰掛けてゆっくり観覧できる有料桟敷席は、栄町通りに約800席。その他、無料演舞場も多数あります。

目の前で繰り広げられる群舞は迫力満点! 飛び入り参加できる連もあるので、観光客も一緒に楽しめます。思い出づくりに、阿波踊りにチャレンジしてみては?

総踊りの合間に、へそっこ公園では「へそっこステージ」として、北山たけしさんのミニコンサートや、よしもと住みます芸人のお笑いステージ、フラダンスなどのショーも見られます。
現地へ来られない場合は、池田ケーブルテレビで連日、ライブ放送されているので、こちらを見ても楽しめます。

関連記事